ホーム > 医療 > 妊娠中の貧血の注意点について

妊娠中の貧血の注意点について

貧血からママの心臓にダメージが起き、心臓がドキドキしたり、呼吸がきつくなったりします。めまいと立ちくらみも症状の一つです。
すぐに疲労を感じ、だるくなったり、元気のない顔色にもなってしまいます。
例え、貧血になったとしても、直接的に胎児の発育に悪影響はありません。しかし、長期に貧血が改善されないままだと、お腹の赤ちゃんの発育も妨げられる恐れがあります。

それに母体の体調も深刻になることがあります。妊娠悪阻では起床時の空腹のタイミングで気分が最悪になることもあります。

手の届くところに煎餅などお菓子を設置しておき、立ち上がる以前に少量お腹に入れるならムカつく状態もいくらかなくなります。


日中も腹減りが続くのに注意して適当な時間にお腹を満たしておくようにしましょう。



また臭みのあるものや油の多いものは入らなくてもサッパリ系やスッパ系はスッと食せます。

胎児の骨格組織の発達、神経系や筋組織のバランスを整えるのに必須の栄養が、小魚にもたっぷりと含まれているカルシウムなのです。


妊娠が明確になったら努力していつもよりか量を増やしたカルシウムを摂取できる習慣をつくりましょう。
妊娠すると以前の160%のカルシウムが体の必要量と言われています。ただし、つわりによる吐き気などで食欲もないのに我慢してまで食べるということではないです。
妊婦は基礎的な代謝自体がそれ以前よりずっと活発なので、水分摂取を欠かさないようにしなくてはなりません。



適当な水分補給により脱水による危険を避けられますし、血液が粘っこくならないようにし、血行を良くするのに貢献します。そして新陳代謝についても活性化して体内から出すべきものがきちんと出せるようになることなど妊娠期の健康を守る上でちゃんと水を摂取しておくことが肝要です。
女性は必ず生理を経験するため、妊娠を別にしても、貧血が高い割合で存在します。

妊娠するとなると、貧血と判断される割合は3~4割にもなります。
妊婦についてはお腹の赤ちゃんが自分で血液をつくるのに母体から鉄分を得ようとします。
そのようなわけで、ママ自身の鉄分が足りなくなることがあります。
こうして起きる貧血が鉄欠乏性貧血と言われます。
妊娠して28~31週付近でよくみられます。

妊娠がわかったからといって普段とは違う料理をする必要はありません。
ファストフードや外食ばかりしたりせず食品添加物があまり使われていない体にいいもので作ったお手製の料理を楽しむようにしましょう。

しかし、たまには楽したい気持ちになることは誰しも経験します。
そういう時は惣菜コーナーも上手に使って厳しすぎない習慣づくりを心がけましょう。
ただ、常日頃よりも一層ビタミン・ミネラルの多そうなものを意識的にたくさん摂るようにしましょう。便秘するとお腹のハリを感じたり、ムカッとしたり、ガスがいつも出て恥ずかしかったりします。

そして悪阻と便秘のダブルパンチで、なお食べられなくなります。

そして、便秘が繰り返すと痔の原因ともありますから、排便リズムを改善することが必要です。
便秘を防ぐには、便意を無理に抑えようとしないことが大切です。

決めた時間になったらとりあえずトイレに行くように一日の計画に組み込んでおきましょう。葉酸という栄養素は体の健康にとって不可欠のものですが、とりわけ細胞が分化していくおなかの赤ちゃんにとって葉酸が不足することで奇形などにつながる場合があります。

障害が生じないように母親はばっちり葉酸摂取を心がけるよう言われますが、中でも葉酸をたくさん使うのは妊娠4週から始まり、20週ぐらいまでとなりますから、望ましいのは妊娠を希望する時期から葉酸を意識した生活をスタートすることです。

血液サラサラでお馴染みのDHA・EPAは妊活をしているときからも妊娠してからもできるだけ摂っておきたい栄養素といえそうです。


DHAを妊娠する以前からよく摂取していた人は、あまり摂っていない人に比較した場合、早産で生まれる可能性が大幅に低いのです。

そしてDHAは母親からへその緒を経由しておなかの赤ちゃんにも移行していきますが、胎児の脳・神経の成長を助ける上で欠くことのできない成分のひとつです。妊娠中 dha サプリ


繰り返し吐く場合は、体内の水分が失われるかもしれません。水分の補給を忘れないでください。まとめて飲めそうにない時は、ちびっとずつ飲むようにしてください。グレープフルーツのようなサッパリした味のする飲料がよいでしょう。


赤ちゃんを宿したら前よりも小1時間ぐらい長く睡眠をとりましょう昼寝もよく活用しましょう。

関連記事

  1. 発達障害の適職としてどのようなものが考えられますか?

    発達障害を患っていたとしても、収入がなければ生きていくことはできません。また、生...

  2. 妊娠中の貧血の注意点について

    貧血からママの心臓にダメージが起き、心臓がドキドキしたり、呼吸がきつくなったりし...